Yahoo SEO対策

Yahoo検索のSEO対策は、恐らくSEO対策の初心者の方にはとてつもなく難しく感じられるのではないでしょうか?
逆に、GoogleのSEO対策はやり易いと感じている事でしょう。

しかし、それはスモールキーワードでのSEO対策の場合でありまして、検索需要の大きいビッグキーワードにおいてはGoogleのSEO対策も決して楽ではありません。

さて、YahooのSEO対策ですが、なぜ難しく感じるのでしょうか?
原因は沢山あるのですが、代表的なものをいくつかあげてみます。

1,Yahooのクローラーが自サイト・自ページに巡回してくれない
2,Yahooのインデクサーが自サイト・自ページをインデックスしてくれない
3,被リンク効果が現れるまでにGoogle以上に時間が掛かる
4,サイト外部対策(外部被リンク対策)を頑張っているのに、順位が上がらない

こんな所では無いでしょうか?
他にYahooのSEO対策を難しくする要因は色々あるのですが、上記4つが代表的なものでしょう。

まず「1」ですが、Yahoo検索エンジンの検索結果で自ページを上位表示させるには、Yahooのクローラー(Yahoo!Slurp)に自ページの存在を知ってもらわねばなりません。
Yahooのクローラーに自ページを巡回してもらう為に何をすれば良いか?
答えはYahooのクローラーから重要だと認識されるページにする事です。
シンプルな答えですが、これがYahooのクローラー対策の全てです。

「2」ですが、YahooのインデクサーはYahooのクローラーが収集してきたWebページの全てをインデックスするわけではありません。
Yahooのインデクサーには、インデックスを作成する上でのインデックス基準(インデックス閾値)が設けられております。
このYahooインデクサーの基準を満たさないWebページはインデックスされません。
Yahooクローラーは巡回してくれるが、インデックスをしてくれないと悩むサイトオーナーはYahooインデクサー対策が必要です。

インデクサー対策(インデックス対策)には二つあります。
ⅰ,自ページのインデックス対策
ⅱ,リンク元のインデックス対策
「ⅱ」についてですが、貴方のページへのリンク元をどれだけ増やしても、リンク元がインデックスされていなければ被リンク効果はゼロです。
つまり、SEO対策効果期待出来ないという事です。

「3」ですが、貴方のサイトやページの検索順位を高めようと被リンクを外部から張っても全くYahoo検索が反応しないように見えることが多々あります。
Yahoo検索はAgeを重視しますので、リンクが張られてから時間の経っていない被リンクはなかなか被リンク効果を発揮しません。
Yahoo検索においては「Age」や「時間」を意識してSEO対策を行わないと、検索上位表示は難しくなります。

「短期で検索順位に好影響が出ないから」という理由で、リンク元から自ページに向けて張ったリンクを外すといった行為は慎みましょう。
たいていの被リンクは貴方がリンク元のリンクを外したあたりから効きはじめてきます。
この段階で、貴方では無くYahoo検索に軍配があがるわけです。
「Yahoo SEO対策人」対策を行ったYahoo検索に貴方は心理戦で敗れたのです。
貴方がYahooとの心理戦に負けないようにする為には、「Age」「時間」というYahoo SEO対策のキーワードを常に意識する必要があります。

「4」ですが、「サイトの外部対策を頑張っているわりに検索順位に反映されない」、「Yahoo検索でのSEO対策効果を感じられない」という方は多いでしょう。
結論を申し上げますと、Yahoo検索はサイト外部のSEO対策(被リンク対策)だけでビッグキーワードにおいて検索順位を上げるのは不可能です。
Yahoo検索においては、Google以上にサイト内部のSEO対策が必要になります。
このサイト内部のSEO対策が出来ていないとYahoo!検索の検索結果で1位を獲るのは難しいのです。

私は過去にYahoo検索で「Yahoo SEO対策」という難しいキーワードで1位を獲りました。
もし、私が内部のSEO対策を軽視していたら1位を獲る事は出来なかったでしょう。
キーワード「Yahoo SEO対策」で1位を獲った当時のサイトに、10倍の被リンクを付けたとしても内部のSEO対策が出来ていなかったら1位は取れなかったと思います。
それくらい、Yahoo検索においてはサイト内部のSEO対策が重要になるのです。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢