外部リンク サービス

“外部リンクサービス”と検索すると、検索結果にズラーッと表示されます。
迷いますね、これだけ表示されますと^^;。

おそらく多くの方が惹かれるキーワードは、「○ヵ月無料」ではないかなと思いました。
もう1つは「強力」というキーワードでしょうか。

外部リンクサービスを依頼する時に注意することは、自分のサイトと全く関係のない広告URLなどが埋め込まれていないチェックすることです。
自分(貴方)のサイトに他社のサイトのURLを埋め込んで対策をしている場合もあるので要注意です。

他には自作自演の被リンクを施し過ぎてもいけません。
グーグルの言い分は、「訪問者のため」だそうなので。

訪問者にとって得する情報を発信しているサイトかどうかということです。
相互リンクもしすぎるのは問題ですが、訪問者にとって必要かつ常識の範囲内の相互リンクであればむしろ効果を発揮します。

なぜ相互リンクの数が多いと問題になるのか。
それは、それぞれのサイトの質の低下を招く恐れがあるからです。

質の低いサイト同士の相互リンクは訪問者にとってためになりません。
そのような理由から、たくさんの相互リンクはペナルティ対処となるわけです。

あるサイトに訪問し、より良い必要な情報を欲してリンク先に向かったのに、似たような内容のサイトだったり、質の低いサイトだったらガッカリです。
グーグルはこれを避けたいのです。

これから外部リンクサービスを利用しようと考え中の方は、こういった点に注意をしながら被リンク対策を業者に依頼しましょう。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢