SEO対策サービス選びのポイント・コツ

【SEOサービス選びの基準、SEO業者に「実力が有るか無いか」】

SEOサービス選びで重要なのは「有名なSEO会社かどうか?」「有名な被リンク業者かどうか?」では無く「腕の立つSEO会社かどうか?」であります。
SEO会社側がマーケティング4Pの「プロモーション」に力を入れればSEO対策の腕が無くとも「ブランド力」が上がり「有名」になります。
プロモーションに力を入れるSEO会社は「有名」ではありますが「上位表示能力」が高いわけではありません。
「有名なだけ」で「上位表示能力」「1位表示能力」が「低い」SEO会社も多数存在します。
「有名なSEO会社のサービスだからきっと大丈夫だろう」と考えてサービスを利用したところ、被リンクペナルティを科せられてしまい「永久検索圏外行き」という事例も多く発生しております。

「有名なSEO会社の高価格サービスを選択すれば安全で失敗はないだろう」と貴社(貴方)がお考えであれば「高い確率」で「痛い目にあう」事になるでしょう。
SEOサービス選定の基準は「SEO対策を施すSEO業者に実力(SEO技術・衛星サイト生産能力・内部SEOアドバイス力)があるかどうか」だけでございます。
「有名かどうか」はどうでもよいのです。
「有名なだけで実力は無い(or実力が低い)業者もざら」ですので、「有名」「ブランド力」を基準にSEO業者やSEOサービスを選んでしまうと高い確率で「当たり」(ばば,ジョーカー)を引いてしまい、後々泣く事になります。
SEOサービス選定の基準は「其のSEO業者に実力が有るか?無いか?」だけでございます。

【中長期的な安定SEO集客を望むなら『質重視』『中長期志向』なSEOサービスを選ぶ】

貴社(貴方)が、中期長期的な安定SEO集客を実現させたいのであれば、「『中長期志向』且つ『実力の有るSEO業者』のサービスを選ぶ」事です。
「中長期志向」という点もサービス選定時の重要なポイントであります。
実力は有るものの短期志向なSEO業者のサービスを利用した場合は、短期的な1位表示や上位表示は高い確率で達成できます。

しかし、中期長期的な上位表示や1位表示は通常は達成できず終わります。
『短期志向』であるがゆえに、中期長期的な「上位表示」要因や「1位表示」要因を押さえおらず、それが原因で「短期的な上位表示や1位表示で終わってしまう」のです。
通常、中期長期的な安定SEO集客は「中期長期的なSEO集客の安定まで意識」しているSEO業者のサービスを利用しない限り実現できません。

【超難関キーワードで「安定上位表示」達成できる業者ごく少数、希少価値的存在】

日本国内にSEO会社は腐るほど(数百社ほど)存在しますが、実際に顧客URL群をビッグキーワードや超難関キーワードで「上位表示」できるSEO業者は僅かです。
「不動の上位表示」という条件をつければ、それを達成できるSEO業者の数は更に減ります。
数える程度しか存在しません。
「指で数える程度」です。

SEO業者(SEO会社)同様に、「SEOサービス」も星の数ほど存在しますが、実際にビッグキーワードや超難関キーワードで上位表示できるSEO対策サービスは僅かです。
SEOサービスが無数にあり選択肢が無数・豊富にあるように錯覚してしまいますが、実際に順位が上げられるSEOサービスは僅かです。
ですので、SEOサービス選びにあたって「お客様側に選択肢は殆ど無い」というのが実状でございます。
検索順位を上げられるSEO業者のサービスを選択しない限り順位は上がりません。

「一瞬だけ上位表示させる」「短期間だけ上位表示させる」「超短期間だけ1位表示させる」という事で宜しければSEOサービスの選択肢は増えます。
しかし、上位表示や1位表示が「一瞬」「短期間」で終わってしまってはサービスを利用する「意味」が殆ど無いでしょう。

【御客様方が『迷う』ほど『SEOサービス』は存在せず】

繰り返しになりますが、難関キーワードやビッグキーワードで検索順位を上げられるSEO会社は限られております。
また、一瞬・短期で終わらず、中期長期という長い期間「安定」して上位表示や1位表示を維持できるSEO会社となれば更に「数」は限られます。
ですので、「SEOサービスが多くて迷う」などという事は起こり得ません。

迷うほど数多く真に「SEOサービス」と呼べるレベルのサービスは存在しておりません。
「安定した上位表示」や「不動の1位表示」を狙う場合、「それを達成できるSEO業者」を選択しない限り達成できません。
SEOサービスは星の数ほどあれど、「選択対象となり得るSEOサービス」や「SEO業者」は僅かしか存在しません。

【比較するほど『価値あるSEOサービス』存在せず、『発見』して選択するだけ】

SEOサービスに関していえば、星の数ほどあるSEOサービス群の比較をする事に「意味」はありません。
比較対象になるほど「価値あるSEOサービス」が多数存在していれば話は別ですが、「価値あるSEOサービス」は殆ど存在しない以上、比較することに「意味」はありません。
「価値あるSEOサービス」は指で数える程度しか存在しませんので、比較も何もあったものではありません。

「価値あるSEOサービス」を「発見」して、それを「選択」(利用)して終わりです。
貴社(貴方)がやる事はそれだけです。
「比較」に時間をかけても「時間を無駄」にして終わるのみです。
「実力あるSEO業者」の「価値あるSEOサービス」を「発見」する事に時間を割く事です。
「比較」では無く、「発見」に時間を割く事です。

なお、星の数ほど存在するSEOサービスの中から「真のSEOサービス」を「発見」できる方は相当「運」の良い御方か、もしくは慧眼の持ち主に限られます。
「強運の持ち主」か、「『本物』を見抜く能力の持ち主」か、のいずれかです。
それ以外の方々は「ババ」を掴んで終りです。
運が良ければ何事も無く、運が悪ければペナルティ発動で大幅順位ダウンか永久圏外行きという最悪のシナリオ(筋書き)も待っているといったところであります。

【見た目の価格、安い高いは二の次。「順位を上げられるか」(質)が全て】

また、SEOサービス選びにあたって「あっちの方がサービス価格が安い、こっちの方がサービス料金が安い」等の声もWeb上で見かけますが、SEOサービスは見た目の価格・値段では選べません。
「見た目の価格」(提示価格)が安かろうと高かろうと、実際に順位を上げられるSEO業者のサービスを選択しない限り「不動の上位表示」も「安定した1位表示」も達成不可能なのです。
値段の高い安いはSEOの世界では二の次です。
「実際に順位が上げられるのか?」、それがSEOサービス選択基準の「全て」であります。
つまりSEOサービスが「高品質かどうか」が全てだという事です。
その上で「割安」なものを選ぶのです。

価格、特に「見た目の低価格」を基準にSEOサービスを選ぶのは論外となります。
日用品であれば「低価格」を基準に選んでも生活に差支えは出ないでしょう。
しかし、SEOサービスは「低価格」を基準にサービスを選んでしまうとビジネスに支障(差支え)が出ます。
支障(差し支え)として多いのは「お金だけ失いターゲット顧客が集客できない」「見た目は低価格だが実は上位表示コストが割高で上位表示できたものの利益が出せない」等です。
「高品質」で無ければ「上位表示」も「上位維持」を達成できませんが、同時に上位表示コストが「割安」か「値頃」で無ければ利益が出せません。

理想のSEOサービスは「高品質・割安」です。
まず「高品質」なサービスをピックアップし、その上で「割安」さで実際に利用するサービスを選べば良いのです。
ただ、先ほども申し上げた通りでして、比較するほど数多く「価値あるSEOサービス」は存在しておりません。

「価値あるSEOサービス」を「発見」できたら「利用」(選択)するという「流れ」になると思います。
どの分野のサービス選びでも基本は同じですが、「高品質⇒割安」の順で条件を満たすサービスを選んで頂ければ殆ど失敗は無いと思います。
SEO分野においても、「高品質⇒割安」の順で条件を満たすSEOサービスを選んで頂ければSEO集客で失敗する確率は大きく下がり、「成功し続ける」確率は大きく上がります。

「SEOサービス」に関するアドバイスは以上です。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢