対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO

SEOで上位表示や1位表示を狙う「対策キーワード」はマスマーケットとニッチに分ける必要があります。
毎月一定数以上検索される「ヘッド」のキーワード群はGoogle Adwordsのキーワードツールなどにも表示されるため多くのSEO対策者が参戦してきます。
その中でも特に競争者が多く参戦してくるのがマスマーケットキーワード、参戦者が少なめなのがニッチキーワードです。

「ヘッドのキーワード」群の検索数の大部分を占めるマスマーケットキーワード群には資金が豊富な企業が上位表示を狙ってきますので中長期的には資本力の勝負となります。
資本力のある企業は、腕の良いSEO業者や被リンク業者のサービスを同時に複数利用できます。
また、途中で資金(兵糧)が尽きる事もありません。
ですので、中長期的にはビッグキーワードや超難関キーワード群は資本力の有る企業の手中に「必ず」落ちます。

ではヘッドキーワード市場の一部(隙間)を占めるニッチキーワードはどうか?
資本力のある企業はまず狙って来ることは「ありません」。
資金力の乏しい企業はニッチキーワードに自分のSEO集客経路(足場)を築いて行く事が持続的成功のポイントとなります。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢

Comments are closed.