月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる

月間検索数が「多い・少ない」という観点から検索されるキーワード群を仕分けますと、「ヘッド」と「テール」に分ける事ができます。
「月単位」でよく検索されるキーワード群が「ヘッド」、頻繁に検索されないが「年単位」で観ればそこそこ検索される「テール」、このように検索キーワードを仕分ける事ができます。

この内の「ヘッド」に属する検索キーワードで上位表示を狙う場合は、被リンクにコストがかかります。
ヘッドのキーワード群には多くの競争者が参戦してきますので、当然ながら上位表示には激しい競争が待っております。
その激しい競争を制し続けて初めて安定上位表示を実現できます。

ヘッドのキーワード群は大変多くの競争者が参戦しているため、対策URLの内部要因では差がつきません。
対策URLのコンテンツをターゲットキーワードに沿って最適化させてベストな状態を保っても、対策サイトを最適化させても、それだけでは競争相手に大差をつける事はできません。

ではどこで差をつけるのか?
「被リンク」です。

ではテールやロングテールはどうか?
こちらは「コンテンツ」(記事)で競争相手に差をつけられます。
競争相手が少ないからです。
なお、テールでも必要最低限の「被リンク」は必要になります。

ヘッド・テールを問わず「コンテンツSEO」「被リンクSEO」の両方が必要になります。
片方のみでSEO集客が安定する事は「今後もございません」。
ヘッドでもテールでも「両方」必要になります。
但し、ヘッドとテールではコスト配分は大きく変わります。

ヘッドと比較するとテールは「被リンク」にコストがそれ程かからず、代わって「コンテンツ」(記事)にコストがかかります。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢

Comments are closed.