激安SEO対策は危険

激安のSEO対策サービスは基本的に「危険」だと考えて頂いた方が良いです。
SEOサービスや被リンクサービスを提供するにあたり省く事が困難なコストに「接客コスト」(接客時の人件費)があります。
接客のコストは、固定費のようなものでしてSEO料金の高い安いに関係なく一定額が毎月かかります。

この接客コストが3000円だったとしましょう。
そうすると5000円で激安SEO対策サービスを提供している業者は実際のSEO対策の実作業には2000円(=5000円-3000円)しかかけられない事になります。
どうでしょうか?
僅か2000円で高強度な被リンク(質の高い被リンク=検索アルゴリズムに強い被リンク)をお客様方のWebサイトに供給できるでしょうか?
まず「不可能」でしょう^^;。
小学生でも分かる事です。

激安のSEO対策サービスで、供給できるのは低強度な被リンク(質の低い被リンク=検索アルゴリズムに弱い被リンク)だけです。
低強度(低質)な被リンクを沢山獲得して、それで其の後何も起きなければ良いですが、残念ながら「何かが起きる」わけです^^;。
低質被リンク(低強度被リンク)に起因したペナルティが発動してお客様のサイトの検索順位が大幅に落ちたり、検索エンジン経由の集客が完全に絶たれたり「アンハッピー」な事が、色々と起こるのです。

じゃ、「2000円で高質(高強度)な被リンクを」という話になりますが、「質」を上げて「質」にコストをかけると、「量」を減らして「量」にコストをかけるのをやめなければならなくなります。
どうでしょうか?
「量」というのは「毎月獲得する新規被リンクの数」「毎月生産する新規衛星サイトの数」の事ですが、「質」を引き上げればこの「数」が大幅に減ってしまうわけです。
それで、御客様方が納得すればOKですが、たぶん供給する「被リンクの数」や「衛星サイトの数」が減り過ぎて、満足してもらえないでしょう。
激安SEO対策サービスを提供する業者側もリピーター(固定客)が増えず、サービスとして続けることが困難になります。

で、御客様方がそれなり満足する「数」を満たす方向に激安被リンク業者や激安SEO対策業者は走る事になります。
ですが、そうすると今度は「質」(強度)の方にコストが回らず、「低強度な被リンク」(低質な被リンク)・「低強度なサテライトサイト」(低質なサテライトサイト)・「低強度なコンテンツ」(低質なコンテンツ)ばかりの「低質三昧」(低強度三昧)なサービスになってしまうのです。
そうなると、年々進化する検索アルゴリズムが要求している「コンテンツの質」や「被リンクの質」や「衛星サイトの質」を直に満たせなくなりますので、対策したサイトや対策したURL群が直に順位ダウンしてしまうわけです。
ただ、順位ダウンするだけなら良いのですが、多くの場合はペナルティ付の順位ダウンです。
ですので、其の後「回復」も難しくなります。
「激安による短期的利益の後」には、永久圏外・検索エンジン経由の集客数がゼロになるなどの「長期的な悲劇」が待っている・・・・・という事です^^;。

これが激安SEO対策サービスを使った方々の基本パターンです。
大体この流れで進みます。
一時的に上位表示されたり1位表示されたりサイトの集客数が激増したりすることもあるのですが、あくまで「一時的」(短期)です。
その後、「長期」に渡る「検索圏外」「検索経由の集客数ゼロ」等の悲劇が待っているのです。
激安で「高質」(高強度)なサービスはコスト的に提供不可能ですので、そうなってしまうのです。
ちょっとコスト計算が出来れば分かる事です。
激安なサービスしか利用できないほど資金が無い方々は、「何もサービスは利用しない」方が良いと思います。
ペナルティでWebサイトの検索エンジン経由の集客が完全に絶たれるよりは、何も利用せず少ないながらも検索経由で集客できている方がまだマシであります。

激安SEO対策サービスは、SEO対策の実作業に手間暇(人手・コスト)を回せませんので、どうしても低質(低強度)になってしまいます。
安過ぎるSEOサービスも高過ぎるSEOサービスも接客コストは殆ど変らず一定額です。
となると、安過ぎるサービスの料金に占める接客コストの割合が大きくなりますから、激安サービスは殆どSEO対策の実作業にはコストを回せない(配分できな)という事になります。

それでも、何とか「被リンクの数」やら「衛星サイトの数」を増やそうとすれば、「自動化」や「他人のコンテンツのコピーアンドペースト」に手を出すしかないわけです。
衛星サイトに投下する記事は「他人のコンテンツのコピペ」や「記事自動作成ツールで作り出したヘンテコな記事」や「外注で素人ライターに超低報酬で書かせた低質記事」が中心になります。
設置する被リンクも手間暇をかけれませんから全てコピペとなります。
ですので供給する被リンク(獲得する被リンク)や生産する衛星サイト群は、全て低強度(低質)にならざるを得ません。

そうなると・・・・^^;、もうどうにもならないでしょう。
直に検索アルゴリズムの「進化」に対応できなくなり、御客様方のサイトは検索エンジン経由の集客を絶たれてあの世行きになってしまう・・・・・という「嫌な流れ」であります。
激安な貧乏SEOサービスに手を出すと、やはり「貧乏」になってしまうというわけです。

激安SEO対策サービスは基本的に「危険」と認識しましょう。
2000年代から結果を大量に出し続けているプロのSEO業者の私共が申しているのですから、間違いないところであります。
「被リンク強度 高」「衛星サイト強度 高」「コンテンツ強度 高」を満たすSEOサービスを使われた方が長い目で観れば「非常に安くあがる」と思います。
必要な部分に必要十分なだけのコストを回して高質(高強度)を満たしている裕福SEOサービスに手を出すと、やはり「裕福」になってしまう・・・そういった「良い流れ」に貴方(貴社)は乗って頂けたらと思います。
わざわざ激安を選んで「貧乏」になる道を選ぶ事はありません。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢