検索上位表示豚 「詳細」,SEOサービス,料金

こちらのページには、メインSEOサービス「検索上位表示豚」の情報(詳細内容)のみ掲載しております。
その他「全て」のSEOサービス群の価格と内容の確認をご希望の御客様は、「SEOサービス・料金表」(比較一覧)をご覧ください。
全ての弊SEOサービス群をまとめて掲載しております。

どのSEOサービスも目的に沿って利用して頂ければ確実に力を発揮しますが、「おすすめは?」と問われればトンケン経営研究所 SEO事業部は主力サービス「検索上位表示豚」とお答え致します。
弊所のSEOサービス群の価格・サービス内容(質と量)は全て、この「検索上位表示豚」を軸に決まります。
「検索上位表示豚」のサービス内容(質・量)や価格を動かしますと、他の弊SEOサービス群のサービス内容や価格が「検索上位表示豚」と整合性をとる形で動きます。

トンケン経営研究所 SEO事業部の「軸」となるSEOサービスが「検索上位表示豚」ですので、どのサービスを選べば良いかわかない御客様には「検索上位表示豚」を「おすすめ」致します。
まずは「検索上位表示豚」で弊サービスのイメージや品質(質の高さ・質の水準)を掴んで頂き、その上で「他の弊SEOサービス群」の利用もご検討頂くと、失敗がないのではないかと存じます。

ちなみに、「検索上位表示豚」は「コンサルティング+被リンク対策」型サービスとなります。
御客様からご指定頂いた「対策URL・キーワード」群の範囲内にはなりますが、「コンサルティング」がセットで付いて来ます。
SEOサービスは大きく分けますと、「コンサルティング」型サービスと、「コンサルティング+被リンク対策」型サービスに分類できます。

「検索上位表示豚」では、対策URL群の「コンテンツ」(コンテンツSEO),「HTML要素」(HTML要素SEO)等の「内部SEOコンサルティング」と、ご質問・相談があれば、「対策URL・キーワード」群の範囲内で「被リンクSEO」等の「外部SEOコンサルティング」も提供させて頂いております。
「内部SEOコンサルティング」に関しては、御客様方から提出頂く「対策URL・キーワード一覧」の「内部SEO状況チェック」段階で提供させて頂いております。
対策URL群の「コンテンツSEO」や「HTML要素SEO」に問題があれば、この「内部SEO状況のチェック」段階で修正・改善の為の助言(Advice)等をさせて頂いております。一種の「内部SEO診断」でございます。

検索上位表示豚は、「対策URL・キーワード」群の範囲内で「コンサルティング+被リンク対策」を提供するSEOサービスと覚えておいて頂くと間違いないかと思います。
順位を上げ切って上位安定・1位安定を実現するには、SEOの「コンサルティング」だけでは足りず「被リンク」がどうしても必要になります。
この「被リンク」の獲得代行(被リンク対策)まで提供するのが、検索上位表示豚となります。

なお、獲得代行した「被リンク」はサービス終了後も外しませんので、サービス利用をやめた後も「固定被リンク」として機能し続ける形となります。(サービス終了後も被リンクを解除しない契約)
SEO集客を増やして行くポイントはこの「固定被リンク」の「蓄積」(ストック)にございます。
弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)では、「被リンク資本ストック」(被リンク資本蓄積)などと呼んでおります。
この「被リンク資本」を「成長」(増大)させて行くと、通常はWebサイトのSEO集客の方も「成長」(集客アップ,アクセスアップ)して行く傾向がございます。

検索上位表示豚 「詳細」,「コンサルティング+被リンク対策」型サービス
料金 サービスの具体的内容
月額13,000円 <サービス名>
「検索上位表示豚」 ※メインサービス■ 1サイト単位の契約。1契約で、同じサイト内の最大4URL・4キーワード(4枠)の検索エンジン上位表示対策が可能。3サイトの対策依頼なら13,000円×3契約=39,000円で最大12URL・12キーワードの同時対策。2サイト2URLの対策なら13,000円×2サイト=26,000円。 同じWebサイト(1サイト)内の16URL・16キーワードの同時対策が必要なら13,000円×4契約=52,000円で対応可能。※1URLを1キーワードで最適化させるのがSEO対策の基本ですので、4キーワードで対策する場合は、4URLご用意頂く事をおすすめ致します。その方が良い結果に結びつきます。

※1URLを2キーワードで同時対策、1URLを4キーワードで同時に対策するご依頼も受けつけております。同じURLで対策するキーワード群の「意味」が同じであれば(例:スタバ,スターバックス)、同じURLを複数のキーワードで同時に上位表示・1位表示させる事も可能です。

※同じURLで「意味」の異なる(例:スタバ,ドトール)複数のキーワードで対策する場合は、「順位が上がり辛くなる」か、もしくは「全く順位が上がって来ない」事が多くなります。ですので「1URL3意味」のような対策の仕方は避けて頂けたらと思います。

※なるべく「1URL1キーワード」か「1URL1意味」で対策する方向で、対策キーワード群を対策URL群に割り当てて頂けたらと思います。「意味」の異なる2キーワードの対策が必要な場合は、URLを2つ(コンテンツを2つ)用意して頂いた方が短い期間で上位表示出来ます。 また、上位表示後に順位が「安定」します。

■ 張られ続ける被リンクの獲得代行。

※SEOサービス提供後も獲得代行した被リンクは外しません。検索エンジンはリンクが張られている期間を評価します(リンク年齢)。リンクが張られる期間が長くなればなるほど、リンクを張られた対策URLの評価は上がって行きます。

※新たに設置したニュー被リンクは直ぐに高く評価される事は通常ありません。設置してから半年~2年前後くらいはニュー被リンクにエイジングフィルターがかかります。設置したニュー被リンクが実力通り評価されるようになるのはエイジングフィルターが解除されてからです。リンク設置後、月数・年数が経ち十分にエイジ化が進むとエイジングフィルタは解除されます。

※エイジングフィルタ解除で実力通りに評価されるようになった被リンクを弊所では「オールド被リンク」と呼びます。当サービスで設置代行した被リンク群はサービス終了後も外しませんので、サービスの利用月数・年数に応じて「オールド被リンク」がどんどん増えて行きます。(サービス利用終了後も設置代行した被リンクを外さない契約)

※順位安定(安定1位表示・安定上位表示)の「要」(かなめ)となるのが、この「オールド被リンク」です。安定1位表示・安定上位表示を実現したいのであれば、サービス提供後も解除されない「固定被リンク」(固定的なオールド被リンク)を増やす必要があります。

※Yahoo・Google等の検索エンジンで継続的な上位表示、不動の上位表示を実現する上で絶対に必要なものがこの「張られ続ける被リンク」(固定 被リンク)つまり「リンク年齢の高い被リンク」(オールド被リンク)です。

※当サービスは「被リンクを外さない契約」ですので、弊所が獲得代行した被リンク群は、サービス終了後も外す事はありません。但し、被リンクを設置した外部サイト(衛星サイト・被リンクサイト)を運営しているサーバー運営会社等(ブログサービス会社やHPサービス会社等)が倒産・事業撤退等によりサービス提供をやめてしまった場合は、被リンク元(被リンクサイト・衛星サイト)の一部を失う可能性はあります。しかし、失われる被リンク設置サイト(衛星サイト)は所詮は全体の一部です。2社がサービス提供をやめれば其の2社内に建造(開設)した衛星サイト群は失われますが、所詮は一部です。 衛星サイト減少が検索順位に与える影響は限定的です。

※被リンク設置サイト(衛星サイト・サテライトサイト)は必ず誰かがコストを負担して運営しておりますが、被リンク設置サイトを運営している「サーバー会社等」も分散して被リンクを獲得して行けば運営会社倒産や運営方針変更による被リンク減少リスクは小さく抑えられます。当サービスでは、極めて倒産リスクが低い運営会社のブログサービスやHPサービス中心に利用しつつ、倒産リスク不明の運営会社も少し混ぜるといった感じで衛星サイト群を建造(開設)し、被リンクを獲得しております。

■ ドメイン分散を重視した被リンク獲得代行。

※1ドメインからの大量被リンクでは無く、1ドメインから「適量」の被リンクを獲得する方がSEO効果は高く、またSEOの費用対効果も高まります。

※ドメイン分散を重視していれば、自然に被リンク元のIPアドレスは分散されます。

■ コンテンツ被リンク方式での被リンク獲得代行が基本。

※Webページはどのページも「共通部分」と「オリジナル部分」の2大要素で構成されております。「共通部分+オリジナル部分=Webページ」です。その「Webページ」内の「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)に設置される被リンクが「コンテンツ被リンク」です。被リンクが設置される箇所は、Webサイト内の「共通部分」(サイドバー等)では無く、Webページ内の「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)ですので、Webサイト内の任意の1ページのみに被リンクが掲載される形となります。なお、「Webサイト」とは、「Webページ群の集合」の事です。「Webページ+Webページ+・・・・+Webページ=Webサイト」です。

■ 提示頂く「対策URL・キーワード一覧」の上位(上の方)に並ぶURL・キーワードには優先的に被リンク集中

■ 「対策URL・キーワード一覧」上位に並べたURL・キーワードには「ROS被リンク」と「コンテンツ被リンク」の両方を用い、「対策URL・キーワード一覧」下位に並べたURL・キーワードには「コンテンツ被リンク」のみ用いる「方向」で被リンク対策を進める

※Webサイト内の「共通部分」(サイドバー,ヘッダー,フッター等)に設置される被リンクが「ROS被リンク」です。被リンクが設置される箇所が、Webページ内の「オリジナル部分」(コンテンツ,記事部分)では無く、Webサイト内の「共通部分」(サイドバー,メニュー欄等)ですので、Webサイト内の全ページに被リンクが掲載される形となります。ちなみにROS被リンクの「ROS」とは「Run Of Site」の頭文字の略です。「Run=貫き通す」ですので、ROS被リンクは「Webサイト内の全ページを貫き通す被リンク」という意味になります。

※効果が見込めると判断した場合は「ROS被リンク」を用います。「対策URL・キーワード一覧」の上位に並ぶ「URL・キーワード」であってもROS被リンクを使わない方が良いと判断した場合は「コンテンツ被リンク」のみ用います。20ページ構成の衛星サイトで、ROS被リンクを用いた場合は、20ページ全てに貴URLのリンクを設置する形となります。コンテンツ被リンクのみ用いた場合は、20ページの中の任意の1ページのみに貴URLの被リンクを設置する形となります。

※現在も、Google検索(=Yahoo検索)ではROS被リンクは非常に有効な手段となっております。「ROS被リンク」(高負荷な被リンク)と「コンテンツ被リンク」(低負荷な被リンク)を組み合せた被リンク対策手法で貴URL群のSEOスコアを上げて参ります。

■ アンカーテキスト分散型の被リンク獲得代行。

※獲得する被リンクの「アンカーテキストのバランス」を重視し、被リンク元のアンカーテキストをSEO職人の手で散けさせます。同一アンカーテキストの被リンクを大量に受けると逆に検索順位は落ちます。同一アンカーテキストの被リンクでも「適量」であれば検索順位は上がります。全体のバランスを見ながら必要と判断した場合は、キーワードを含まないアンカーテキストのリンクも設置していきます。 被リンクのアンカーテキスト記述では「バランス」が重要になりますので、「バランスを取り」ながらアンカーテキスト被リンクの設置を進めて参ります。

※対策するキーワードにもよりますが、全ての被リンクのアンカーテキストが同一であっても1位表示や上位表示は可能です。ようは「程度」の問題です。超難関キーワードやビッグキーワードでは大量の被リンクが必要になりますが、其の全ての被リンクのアンカーテキストが同一では不自然であり異常という風に検索ロボットの目に映ります。よって、大量の被リンクが必要になる競争が激しいキーワード群ではアンカーテキスト分散は「必須」となります。一方、競争相手の少ないキーワード群では必須とはなりません。コンテンツが初めから終りまでキーワードに沿って作成されていれば、キーワードのみ記述したアンカーテキストの被リンクの供給を受けても不自然にはなりません。ただ、競争が少ないキーワードで対策する場合も、可能であればアンカーテキストは適度に分散した方が良いです。その方が安全度が高まります。(リスク低減)

※ROS被リンクのアンカーテキストに関しては「アンカーテキスト分散」は必須となります。供給する被リンクの「数」(量)が多くなるためリンクのテキスト(アンカーテキスト)が「不自然」にならないよう分散する必要があります。アンカーテキストを分散しながら被リンクの獲得を進めて行きませんと被リンク構造(獲得済み被リンク群)に「大きな偏り」(不自然)が生じてしまいます。「大きな偏り」は、将来的な順位ダウン要因となり得ます。

※コンテンツ被リンク(サイト内の任意の1ページに被リンクを設置)のアンカーテキストに関しては「アンカーテキスト分散」は必須ではありません。コンテンツ被リンクオンリーの被リンク対策では、供給する被リンクの「数」(量)がROS被リンク式よりも遥かに少なくなるため検索ロボットの目には不自然な被リンクとは映り辛くなります。よって、設置するコンテンツ被リンク群が「キーワードのみ記述したアンカーテキスト」ばかりであっても、通常は問題無く順位が上がって来ます。コンテンツ被リンクの供給量が少なくて済む「競争が緩めのキーワードで対策」する場合は「アンカーテキストの分散は不要」となります。コンテンツ被リンクの供給量が多くなってしまう「競争が激しいキーワードで対策」する場合は「適度にアンカーテキストを分散」して不自然にならないようにする必要がございます。

■ 検索上位表示豚サービスの利用初期段階で貴対策URL群の内部SEO状況をチェックし、ターゲットキーワードでの検索順位上昇の阻害要因を発見した場合は指摘し、「このように修正した方がSEOスコアが上がります・順位が上がり易くなります」といった内部SEO対策のアドバイス・指導。

■ 外部被リンク対策を中心に行い、依頼を受けたURL・キーワードの検索上位表示を実現する為に必要と判断した場合は、弊所が自発的に貴サイト内部の変更すべき箇所の指摘と指導。

■ 相談や質問されれば、依頼を受けたURL・キーワードに関する内部SEO対策と外部SEO対策のアドバイス。

■ 相談や質問されれば、依頼を受けたURL・キーワードに関わる範囲内でサテライトサイト(被リンク元サイト),相互リンク,中小検索エンジン登録,リンク集登録のアドバイス。

【注意】
「検索上位表示豚」サービスは、検索上位表示を保証するサービスではありませんので、トンケン経営研究所(旧称:トンちゃん経営研究所)のSEO対策の腕・技術を信頼してくださる方のみ申込みください。
SEO実績


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢