会社 SEO対策

“SEO”、“SEO対策”。少しずつ知られてきました。
SEOを導入する会社が徐々に増えてきていますし、SEOに関する会社からの問い合わせも増えています。

SEO、SEO対策が広まってきた背景にはやはりグーグルの影があると思います。
グーグルは色々な意味で、様々な市場に影響を与えています。

マイクロソフトのインターネットエクスプローラーよりも、グーグルのChromeやツールを使う会社も少なくありません。
2、3年前からGoogleのツールを使っていた会社が、外部からアクセスできる状態になっていたなど、問題もないわけではありませんが、グーグルが世間に与えている影響は計り知れません。

SEOも、”グーグル検索でググる”という言葉が一般人に定着したあたりから注目を集め出しました。

昔は、会社で導入すると言ったらマイクロソフトのツールやソフトウェアやOSが当たり前でした。
今まで、会社のパソコンに入っていたのはインターネットエクスプローラーでしたし、world、エクセル、パワーポイントでした。

しかし近年、多く企業(会社)ではそれらのマイクロソフトのツールやソフトウェア群が、Googleの無料ツール・ソフトウェア群に差し替えられつつあります。
Googleのインターネット(WEB)上での影響力は年々大きくなって来ております。

今や、「Web=Google」「インターネット=Google」に成りつつあります。(2015年)
そうなると、Web上(Webページ群)から情報を探すにあたってはGoogle検索エンジンを使う事が多くなります。

皆様もお気づきかとは思いますが、Web上での取引は年々増加しております。
それに連動する形で、Web上に形成される市場(マーケット)の規模も年々拡大しております。

インターネット上の市場の拡大が続くと、リアル世界だけでビジネスをしていた多くの企業(会社)もWeb世界は他人事ではなくなって来ます。
そこで注目を集めているのがSEO(検索エンジン最適化)です。

今後も、リアル世界での消費は減少し、Web世界での消費が増加して行きます。
そうにも関わらず、リアル世界だけで商売をしていると嫌でも会社の売上は年々減少して行きます。

その減少を抑えたり、逆に売上を今後も拡大して行こうと思うのであれば、目をWeb世界に向けねばなりません。
そして実際に、インターネット世界にもビジネス拠点(ビジネスサイト)を設けて事業を拡大して行かねばならない事は自明であります。

会社(企業)が、このWeb世界で集客して事業を成り立たせる上で絶対に必要になるもの(避けて通れないもの)がございます。
それがSEO対策(検索エンジン対策)です。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢