「トンケン経営研究所 SEO事業部」 挨拶

はじめまして、トンケン経営研究所 SEO事業部と申します。(旧称:トンちゃん経営研究所)
このホームページがトンケン経営研究所SEO事業部の本拠地であります。

【優先順位で成否決まる。どのURLも最初から最優先キーワードで対策】

ト ンケン経営研究所 SEO事業部では、メインSEOサービス「検索上位表示豚」1契約で同じWebサイト内の最大4URL・4キーワード(4枠)の同時SEO対策を月額 13,000円で代行し、Yahoo・Google等の主要検索エンジンで「検索上位表示」を実現する総合的なSEO対策サービスを提供しております。
2WebサイトのSEO対策なら最大で8URL・8キーワードの対策が13,000円×2契約=26,000円で可能となります。
1URLを2つのキーワードで対策する依頼も受けておりますが、あまりお奨めはしておりません。
1URLを1キーワードでバックリンク網(被リンク構造)を含めて最適化させるやり方がSEO対策ではベスト(最良)だからです。

1URL(=URL甲)をキーワード「A」(優先順位1位)と複合キーワード「AB」(優先順位2位)で対策する場合、URL甲のバックリンク網(被リンク構造)はキーワード「A」で最適化させる事になります。
そこに加えて複合キーワード「AB」でも被リンク対策を施して行くとURL甲のバックリンク網がキーワード「A」で最適化な「構造」とはならず被リンク構造に「歪み」「偏り」が生じます。
それらの被リンク構造の「ゆがみ」「偏り」が後々「順位ダウン要因」となる事がございます。

URL甲を「同じ意味」のキーワード「C」(異なる言葉)で並行して対策するならば被リンク構造(バックリンク網)のゆがみが生じる事を回避できます。
が、ターゲットキーワードを含む複合キーワード「AB」等でURL甲に追加対策をしてしまうとURL甲のキーワード「A」で最適化された被リンク構造に「ゆがみ」「偏り」が生じ易くなります。
結果として、キーワード「A」でも複合キーワード「AB」でも中途半端な順位になってしまい、「其の後も思うように其れ以上順位が上がらず」といった事態に陥る事がございます。

ですので、各URLを最初から「最優先のキーワード」で対策する事をおすすめ致します。
同 じURLを上記例のようにキーワード「A」と複合キーワード「AB」で並行して対策を進めて行く場合は、最優先キーワード「A」で最適化された被リンク網 (バックリンク構造)構築に支障が出ない範囲内で複合キーワード「AB」での対策を並行して進めて行くような形をとって頂けたらと思います。

そのようにして頂ければ「二兎を追う者、一兎も得ず」にならずに済みます。
「支 障の無い範囲内に抑えて」被リンク対策を進めた結果、優先順位2位以下のキーワードで中長期的な「安定上位表示」や「安定1位表示」に至らなかったとして も、少なくとも優先順位1位(最優先キーワード)での中長期的な「安定1位表示」「安定上位表示」は高い確率で達成できるものと思います。

どうしても1URLを2キーワードで上位表示したいというのであれば、先ずは最優先のキーワード1つで順位をターゲット検索エンジンで3位内など上げ切ると良いです。
その後に最優先キーワードに沿って築き上げた最適な被リンク構造(バックリンク網)を崩さない範囲内で、優先順位2番目のキーワードで対策して行く事をお奨め致します。
それが一番「確実」な対策の進め方となります。
同じURL(1URL)を3キーワードや5キーワードで同時に対策して上位表示を達成する事も可能ですが、あまり「効率的」「確実」な対策の進め方ではないかもしれません。

結論を申し上げますと、「各対策URLで最初から『本丸』を攻めましょう」という事であります。
各URLで「優先順位1位の最重要キーワード」(最優先キーワード)から攻略して行く事をおすすめ致します。
各 URLを、各URLで設定した最優先キーワードで最初から対策して行き、各URLの最優先キーワードで最適なバックリンク網(被リンク構造)をそれぞれ構 築して行く・・・・、そういう流れで各URLの被リンク対策(外部SEO対策)を進めて行けば、中長期的な「安定1位表示」「安定上位表示」を高い「確 率」で実現できると申し上げられます。
どのような対策手法・対策手順をとっても100%「確実」というものはございませんが、他のSEO手法・SEO手順を踏んだ場合よりも遥かに高い「確率」で中長期と長く続く「安定1位表示」「安定上位表示」が達成できます。

同時に1URLを2キーワードで対策して両キーワードで中長期的な「安定上位表示」「安定1位表示」を達成する事も可能ですが、それは「両キーワード」の「意味」が同じ場合(例:スタバ,スターバックス)に限られます。
「意味」の異なる複数のキーワードを同じURLで同時に対策して中長期的な「安定上位表示」「安定1位表示」を達成する事は困難です。
たとえばキーワード「A」と複合キーワード「AB」です。
両キーワードは「意味」が異なりますので基本的には両キーワードで同時に「安定1位表示」「安定上位表示」を実現する事は難しくなります。

対策URLのバックリンク網が複合キーワード「AB」で最適化されている場合は、キーワードAでも安定上位表示・安定1位表示を達成できる”場合”もございます。
「場合もある」というだけでして、キーワードAで最適なバックリンク網ではありませんので、キーワードAでは順位が落ちてしまう事も多くなります。

「税理士事務所」で対策しているURLが「税理士」や「税理」や「事務所」でも順位が上がって来る事はあります。
しかし、このURLは「税理士」で最適なバックリンク網を有しているわけではありませんので、そのバックリンク網で対応できない検索アルゴリズムも色々と出て来ます。
「税理士事務所」で最適化されているバックリンク網は、「税理士」というキーワード目線でみれば不完全なバックリンク網ですので、「順位が上がって来る事もある」という程度にとどまってしまいます。
キーワード「税理士」で「あらゆる検索アルゴリズム」に対応しようと思うならば、バックリンク網は「税理士」で最適化させる必要があります。

「税理士」で対策しているURLのアンカーテキスト被リンクに毎回「事務所」という言葉が一緒に登場するようでは、明らかに「不自然」でしょう^^;。
キーワードABで対策すれば、キーワードAやキーワードBでも順位が上がって来る事はありますが、確実なやり方ではありません。
では逆に、キーワードAで最初から対策した場合はどうでしょうか?
キーワードABでも安定上位表示や安定1位表示は狙えるでしょうか?

対策URLのバックリンク網(被リンク構造)がキーワード「A」で最適化されている場合は、複合キーワード「AB」では順位は”上がって来ない”事が多くなります。
かりに順位が上がって来ても「上がり切らない」事が多くなります。
キーワードAで対策しているのですから、これはある意味「当然」であります。

では、先にキーワードAで上位表示を達成し、その後にキーワードABで対策してABでも同時に上位を狙おうとする場合、キーワードAの順位はどうなるでしょうか?
先にキーワード「税理士」で上位表示を達成し、同じURLで後からキーワード「税理士事務所」でも対策して両方で安定上位を狙おうとするケースが、それに該当します。

「税理士」で対策してバックリンク網(被リンク構造)が「税理士」で最適化されているURLが、あとから複合キーワードの「税理士事務所」で追加対策した場合、「税理士」に沿って作り上げた被リンク構造は崩れてしまいます。
其の被リンク構造の「崩れ」「ゆがみ」「偏り」が被リンクペナルティ等を誘発し、逆に「税理士」でも順位を落とす事が多くなります。

二兎を追った結果、最初に捕まえた兎も逃してしまう可能性が高まるという事であります。(リスク)
「損失を被る可能性」のことを「リスク」(Risk)と呼びますが、二兎を追う事でバックリンク網は崩れますので、リスクは当然ながら高まります。
二兎を追い続けて時が来れば(機が熟せば)、リスクは「現実化」しますので、二匹とも兎を逃す事になります。

そうならないようにするには、各URLで「一兎追い」に徹する事であります。(一貫)
二兎を追うのもアリですが、常に「最優先キーワードに最適なバックリンク網(被リンク構造)構築」を意識(優先)しながら対策を進めて頂けたらと思います。
バックリンク網が崩れてしまうほど、同じURLで「二匹目の兎」を追うのはやめておいて頂いた方が良いです。

一兎を追って一兎を高確率で仕留めるような対策の進め方をとって頂いた方が良い結果に結び付きます。
同じURLで複数のキーワードの対策を行う場合は、最優先キーワードでの被リンク構造(バックリンク網)の「崩れ,偏り,歪み」には十分に注意しながらSEO対策を進めて頂けたらと思います。

また、同じURL(1URL)を複数の「意味の異なる」キーワード群で同時に上位表示させるやり方は内部SEO(コンテンツSEO)という視点から観ても無理があります。
コンテンツは、ターゲットキーワード(最優先キーワード)に沿って初めから終りまで確りまとめあげるのが「コンテンツSEO」の基本中の基本となります。
「同じコンテンツ」で意味の異なる複数のキーワードの対策を行った場合、其のコンテンツは特定のキーワードに沿って初めから終りまで確りまとまったコンテンツとはならず、通常は「あっちもこっちも意識」した中途半端なコンテンツに仕上がります。

中途半端なコンテンツに対して検索ロボット(検索AI,検索人工知能)が高い評価(内部SEOスコア)を付ける事はございません。
検索ロボットは「価値の低い」中途半端コンテンツには、低評価(内部SEOスコア低)を付けます。
その低い内部SEOスコア(低評価コンテンツ)を「ベース」にして、競合する他のURL群との被リンクSEO競争を戦い抜かねばならなくなるため、大変不利になります。

【サイト内部構造と被リンク構造の一方に欠陥あれば安定上位化は不可能】

Googleの検索アルゴリズムは内部SEOスコアをベースに外部サイト群から獲得した被リンク群を評価します。
URLの内部SEOスコアが低いと、外部から獲得している被リンク群が幾ら検索アルゴリズムに強い「高品質被リンク群」であっても殆ど評価されなくなります。
現 在のGoogle検索エンジン(Yahoo検索エンジン)で内部SEOスコアの低いURLにどれだけ「高強度 被リンク」(高質 被リンク)を供給しても順位は上がらないのは、そういった「仕組み」が検索ランキングアルゴリズムに組み込まれている(働いている)からであります。

というわけでして、同じURLで「意味の異なる複数のキーワード」を対策して行く事は、上述した「仕組み」に背く形となりますので、中長期と長く続く「安定上位表示」や「安定1位表示」の実現はほとんど望めないのであります。
被リンク構造(バックリンク網)という「被リンクSEO」面、内部SEOスコア絡みの「コンテンツSEO」面のどちらの「面」から観ても「困難」という事であります。

「それでも私は挑戦する!!」という方はトンケン経営研究所も止めません。
ぜひ、チャレンジして頂いて「結果」「実体験」を通じて「現実」を学んで頂けたらと思います。
「外部構造」「内部構造」のどちらか一方でも「構造的な問題」を抱えていれば中長期的な「安定1位表示」「安定上位表示」は実現困難ですので、試して頂けたらと思います。

「短期的」という条件付きであれば、意味の異なる両キーワードで上位表示を達成できる事はございますが、中長期で其の「上位」や「1位」を持続できるかといえば、それは殆ど不可能であります。
上述した検索ランキングアルゴリズムの「仕組み」に沿いませんので、長く「上位」や「1位」を維持する事はできません。

「意味」が同じキーワード群であれば、同じURLで複数のキーワード群で中長期と長く「上位」「1位」を維持し続ける事も可能ですが、「意味」が異なるキーワード群では基本的には「不可能」と考えて頂けたらと思います。
「意味」の異なる 2キーワードで対策する場合は、各キーワードごとに別URL(コンテンツ)を用意して頂く事をおすすめ致します。
意味の異なる「キーワードA」と「キーワードAB」で対策する場合は、「キーワードA」に対応する「コンテンツA」(URL A)と、「キーワードAB」に対応する「コンテンツAB」(URL AB)を用意して頂く事をおすすめ致します。
その方が遥かに高い確率で中長期的な「安定上位表示」「安定1位表示」に成功します。

SEO対策の基本は「1URL1キーワード」「1URL1意味」で各URLに対策キーワードを割り当てる事にあります。
表現を換えますと、「1コンテンツ1キーワード」「1コンテンツ1意味」で対策キーワードを割り当てて頂くという事であります。
各URLをそれぞれ1キーワードで対策するか、もしくは言葉は異なるものの「意味の上では同じ」複数のキーワード群で対策するかのどちらかになります。
「意味が同じ」であれば、同じURLで複数のキーワードで対策しても、その全てのキーワードで「安定上位表示」「安定1位表示」させる事も可能です。

ちなみに、「同じ意味」かどうかを判断するのは「検索エンジンロボット」です。
「検索ロボット目線」で「意味が同じ」かどうかのチェックが必要になります。
SEOは「検索ロボット目線」で行うと「成功」し、「人間目線」で行うと「失敗」します。
2000年代からSEO集客で成功し続けている「SEO玄人」(SEO Professional)は、当然ながら「検索エンジン目線」でSEO対策を施しております。

検索結果のルールを作り支配しているのは「検索エンジン」です。
「ルーラー」(支配者,支配するもの)は「検索エンジン」ですので、SEOでは「検索エンジン目線」が必要になります。
市場(マーケット)において「消費」を支配している「消費者」(お客様)に対して財やサービスを売るには、「消費者目線」(お客様目線)が必要になりますが、それと道理は同じです。
「消費者目線」(顧客目線)無き「生産者目線」の財やサービスは中々売れませんが、「検索エンジン目線」無き「人間目線」のSEOも中々成功しません。

どのような分野であれ、成功するには先ず「ルーラーが誰か?」(支配者は誰か?),「何がルーラーか?」を知らねばなりません。
その上で、ルーラー目線(支配者目線)の対策を施して行くと「成功する」次第であります。
これは一種の「法則」のようなものであります。
ルーラー(支配者)を無視して成功し続ける事は出来ません。

【変化し続ける検索エンジン環境に適応、SEO業は環境適応業】

トンケン経営研究所(旧称:トンちゃん経営研究所)のSEO対策サービスの概要について少し書きます。
トンケン経営研究所のSEO対策サービスを通じて顧客に提供する価値は、「無意味な被リンクの大量供給」では無く「検索上位表示」であります。
「月に決まった数のドメインから決まった数の被リンクを供給する」といった検索上位表示に直結しない「被リンク供給サービス」ではありません。

ト ンケン経営研究所のメインSEO対策サービス(検索上位表示豚:月々定額13,000円)では、「検索上位表示」達成に必要な分だけ外部被リンク獲得を代行(獲得した被リンクはサービス提供後も外しません)し、検索上位表示に必要であれば対策URL群のページ内部のSEO指導(内部SEOアドバイス,内部対策の助言・指導)もサービス利用開始の初期段階で行います。
2011年まではWebサイト内部のSEO指導に関しては「検索上位表示」を達成するのにどうしても必要な場合のみ行っておりましたが、2012年以降はSEOサービスをご利用頂く最初の段階で対策URL群のページ内部のSEOアドバイスをさせて頂いております。

2011年~2012年の間にGoogleの検索アルゴリズムはかなり変化しておりまして、特にURL内部の「コンテンツ」の評価の仕方が大きく変わっております。
現在のGoogle検索エンジン環境下では、「コンテンツのSEO対策」(最重要にして最優先のSEO対策)が確りできていないURL群は順位が上がらなくなってきております。
検索アルゴリズムが大きく変わって来ておりますので、それに対応する形でSEOサービス開始の初期段階で内部SEOスコアの合格ラインを下回っていると判断した顧客URL群に関しましては、内部SEOアドバイスをさせて頂いております。(内部SEOコンサルティング)

「検索上位表示豚」サービスの詳しい内容は当ホームページ(SEOサービス申込HP壱)のサイドバーにも色々と情報を掲載しております。
また、 申込み時の注意点等も記載してありますので、お互いの誤解から生ずるトラブルを避ける意味でも、サイドバー部分の情報にも一度目を通しておいて頂けたらと思います。

トンケン経営研究所(旧称:トンちゃん経営研究所)のSEO対策サービスは、他のSEO対策会社や被リンク供給業者と比べても超が付くほどの激安料金のサービスですが、SEO対策サービスの質は「他のSEO会社よりも高い」と申し上げられます。(高品質)
顧客に指定されたキーワードで指定URLをYahoo検索やGoogle検索やBing検索にて10位以内表示及び1位表示を「大量」に達成しております。(SEO実績大量)
それも一時的な上位表示や1位表示ではなく、長い期間「持続する」上位表示や1位表示を「大量」に達成しております。(中長期)

弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)は、ビッグキーワード・超難関キーワード・その他のキーワードを問わず顧客URL群を「大量」に1位表示および上位表示(10位以内表示)させる事を通じて、豊富な「実戦経験」を2000年代から積み上げておりますので、「SEO対策の技術には自信を持っております」。
安心してSEO対策サービスを利用して頂けたらと思います。

【国内の検索エンジン市場シェア、現状】

現状、Yahoo検索エンジンの日本国内検索シェアは50%前後、Google検索エンジンの日本国内検索シェアは45%前後です。
検索エンジン国内シェアに関しては色々なデータが発表されておりますが、現実の検索エンジン国内シェアは大体これくらいです。
両検索エンジンをあわせると日本国内検索シェアの95%前後となります。

日本において、SEO対策といえばイコール「YahooのSEO対策」と「GoogleのSEO対策」を指します。
YahooかGoogleのどちらかの検索エンジンで上位表示を達成すれば、Webでビジネスを継続するのに十分な収益は立ちます。

検索エンジンには、国内検索シェア第3位としてBing検索(ビング※MicroSoftが開発する検索エンジン)もありますが、このBingで上位表示を 達成しても国内検索シェアは2%前後に過ぎませんので、Webでビジネスを継続するのに十分な収益を上げる事は出来ません。
その為、トンケン経営研究所では、国内検索シェア50%前後のYahoo検索エンジンと45%前後のGoogle検索エンジンを最重視したYahoo・Google中心のSEO対策サービスを提供しております。

なお、トンケン経営研究所のSEO対策サービスではBing検索エンジンでも中期長期的な安定1位表示・安定上位表示を「大量」に達成しておりますので、Bingでも順位は上がって来ます。
Bingでの上位表示や1位表示も「未来のSEO集客」の「保険」にはなりますので、順位を上げておいて損は無いと思います。

【SEOの最新情報はSEO情報ブログで定期的に発信中】

検索エンジンの検索順位を決めるランキングアルゴリズムやクローラーやインデクサーは変化するため、SEO情報の多くは時間が経つと役に立たないものとなります。
最近は、1年半くらい経過したSEO情報は陳腐化してしまい役に立たなくなる傾向があります。
その為、賞味期限の短いSEO情報はこのメインホームページでは無く、メインブログ「Tonken SEO対策SEMコンサルティング主Blog 【大局・中長期・強勢】」(http://seo.tonken.xyz/consulting/ )を通じて発信して参ります。

本日から1年半くらい前までのSEO情報であれば役に立つと思います。
それよりも古い情報は読むだけ時間の無駄となりますので、読む必要はありません。
特に検索エンジン世界の世界王者Googleの検索アルゴリズムは1年半程度の短期間で驚くほどの変化と進化を遂げます。
ですので、1年半以上経過したSEO情報はすべて切り捨てて頂いても差支えありません。

一方Bingの検索アルゴリズムは2年以上経過してもそれほど進化しませんので2年以上昔のBing SEO情報をもとに対策して頂いても結果を出せる傾向があります。
Google検索に関しては1年半以上前のグーグルSEO情報をもとに対策してしまうと順位を落としたり検索圏外行きになる事もございますので、最新Google SEO情報をもとに対策を進めるようにして頂けたらと思います。

Googleの「現 検索アルゴリズム」と「未来 検索アルゴリズム」で通用する最新の「現場SEO情報」はトンケン経営研究所 SEO事業部のメインブログで「定期的」に発信しておりますので参考にして頂けたらと思います。
弊SEOブログ記事の内容を理解し実践できるならば高い確率で上位表示も1位表示も達成できます。
SEO集客数(検索エンジン経由のトラフィック)を大幅に増やす事も可能です。(アクセスアップ)
上位表示・1位表示に必要な被リンク対策(被リンクSEO)に関しては本業を持つ貴社(貴方)がセルフで行うには作業負担が大きく実行困難かと思いますので「SEOの玄人」(SEO Professional)である「トンケン経営研究所 SEO事業部」に任せて頂けたらと思います。

被リンク対策(被リンクSEO)に関しては外部者(玄人SEO業者,玄人被リンク業者)に全て任せてしまっても問題ありませんが、「サイト内部のSEO対策」に関しては最終的には貴社(貴方)自身で出来るようにする必要があります。
その支援をメインSEOブログや弊SEOサービスに付随する内部SEOアドバイス(※一種の「教育」機能:内部対策の助言・指導)を通じて行って参りたいと思います。(内部SEOコンサルティング)

挨拶は以上です。
今後とも、宜しくお願い致します。


[トンケン経営研究所]
スローガン,SEO対策SEMサービス
高品質・中長期・強勢